TALOのエコ建材_呼吸する断熱材 LIVE WOOL
HOME LIVE WOOL ASA WOOL LUNA WOOD 資料請求・お問合わせ
   
断熱材LIVE WOOLの紹介 断熱材LIVE WOOLのQ&A 断熱材LIVE WOOLの施工ガイド 断熱材LIVE WOOL価格表 断熱材LIVE WOOLのMSDS
   
     

呼吸する断熱材ライブウール

室内環境汚染や住まいのカビや結露が社会問題になっていますが、日本古来からの木造建築が今、 「病んだ建物」になってしまっているのはなぜでしょうか。一つの原因として、吸湿性のない断熱材と防湿シートで「魔法瓶」のように密閉してしまったことが挙げられます。このことが建物内部の湿気と化学的な建材から放出される有毒物質を封じ込めるなどの様々な問題を引き起こしているのです。
現在、建築に使われている断熱材は、化学的に作られたグラスウールやポリウレタン等がほとんどですが、結露などの湿害やカビの問題などが生じてきました。
一方、木は建物として使われた後も湿度が高くなると湿気を吸収し、逆に低くなると放出する性質があることは、よく知られています。このような調湿性は、東大寺の正倉院(校倉作り)の宝物が、長年にわたって 良好な状態で保存されてきたことからも分かります。
ライブウールの原料は、木から精製される「セルロース」。建材として優れた性能をもつ木の特性を生かした、まったく新しい断熱材です。
ライブウールは建物のカビの発生を防ぎ、建物全体を密閉することなく快適な状態に保つ吸放湿性に富んだ「呼吸する断熱材」です。
セルロース断熱材「ライブウール」を使用すれば、断熱材が木と同じように呼吸をしているので、木造住宅に使うと建物全体が呼吸するようになり、健康的な住まいになります。

1.施工者にやさしい

「ライブウール」は柔軟性に富み、施工が容易です。床下や天井裏、壁間に入れ込むだけでいいのです。 近頃、細かいガラス繊維が体内に入ってしまうなど、グラスウールの施工者に及ぼす害がとりざたされていますが、 天然セルロースの「ライブウール」なら、その心配はまったくなく、安心、清潔に施工できます。また、構造体への留め代が有るので、経年変化でずれ落ちてくる心配もありません。

2.高い断熱性能

研究開発により、より高密度なセルロースマットが製造可能となり、熱伝導率0.033(W/m・K)という驚異の断熱性能を実現。これは押出法ポリスチレンフォーム2種同等の断熱性能です。(住宅金融公庫Dランク)

→必要厚み早見表へ

3.地球にやさしい

「ライブウール」は自然素材なので製造中に環境汚染の心配が少なく、従来の断熱材に比べて、地球環境に負荷をかけない環境にやさしい断熱材です。



断熱材LIVE WOOLロゴ
断熱材LIVE WOOL写真

断熱材LIVE WOOLは告示規制対象外

断熱材LIVE WOOLの試験成績書
   
PAGE TOPへ
会社概要 プライバシーポリシー ウッドファイバー
Copyright
TALOの建材 HOMEへ LIVEWOOL HOMEへ